こんにちは。WEB集客プランナーの谷口慎治です。

今日は、文章テンプレート(構成)のひとつ「SDS法」についての説明とSDS法で作成した例文、そしてSDS法を使うときの注意点についてお伝えします。

SDS法の説明

SDS法のSDSとは、Summary・Details・Summaryの英語の頭文字です。

  • Summary・・・全体の概要
  • Details・・・詳細の説明
  • Summary・・・全体の概要の繰り返し

よく見ると、同じ内容を3回繰り返していることにお気づきでしょう。プレゼンやテレビのニュース番組でよく使われる構成です。

同じ内容●●●●を3回繰り返すというのがポイントですので覚えておいてください。

それぞれの要素を確認しましょう。

①Summary・・・全体の概要

「これから書く文章では何を伝えようとしているのか」について簡潔にまとめます。

今日は(この記事では)~についてお伝えします。

このような書き出しで始めることが多いです。

②Details・・・詳細の説明

伝えたいことを具体的に詳しく説明していきます。伝えたいこと=①全体の概要です。

③Summary・・・全体の概要の繰り返し

最初に伝えた全体の概要を最後に繰り返します。いわゆる「まとめ」です。①のコピペではダメです。同じ内容を言葉を変えて繰り返すということが大切です。なぜならそうした方が読者の理解が深まるからです。

SDS法で作成した例文

シンプルにSDS法で書いた例文を3つ書いてみました。

SDS法の例文1

■Summary(まとめ/結論)

今日は店舗型ビジネスであってもECサイトを作ることの重要性についてお伝えします。

■Details(詳細な内容)

ECサイトを作るのが大切な理由は3つあります。

1.距離の壁がなくなる。店舗に来店できない人にも購入してもらえる。

2.接客のコストを下げることができる。

3.新型コロナのような緊急事態でも売上を上げられる

■Summary(まとめ/結論)

以上3つの理由から、店舗でしか営業していない場合でもECサイトを作って、WEB上で商品を販売できるようにしておくことが大切です。

SDS法の例文2

■Summary(まとめ/結論)

今日はスピーチを成功させる構成についてお伝えします。

■Details(詳細な内容)

聴衆を引き付けるスピーチをするには、次の流れで話すのがおすすめです。

1.日常(いつもの平凡な日常)

2.事件(平凡な日常に事件が起こる!)

3.非日常(事件に巻き込まれてピンチになる)

4.解消(助けてくれる人、気づきがあってピンチから脱出する)

5.新たな日常(以前とは違う日常が訪れる)

■Summary(まとめ/結論)

今日は上手なスピーチの構成についてお伝えしました。この流れをドラマツルギー(戯曲の創作や構成についての技法)と言います。この流れで話すとスピーチは成功しますよ。

SDS法の例文3

■Summary(まとめ/結論)

この記事では映画「君の名は。」が大ヒットした理由を考えてみます。

■Details(詳細な内容)

君の名は。が大ヒットした理由は3つあると思います。

1.美しく緻密な映像&世界観にピッタリの音楽

2.恋愛要素・ミステリー要素・成長要素など物語のバランスが素晴らしい

3.東宝のプロモーション戦略がうまかった

■Summary(まとめ/結論)

以上、「君の名は。」が大ヒットした3つの要因についてお伝えしました。


こんな感じで、SDSのそれぞれの要素にザクっと文章を入れてみて、あとはそれぞれの要素を膨らませていくと、すぐに2000文字くらいの文章になるのではないでしょうか。

ちなみに、この記事もSDS法で書いているので、最後までお読みいただいたら確認してみてください。

SDS法を使うときの注意点

SDS法で文章を書くときの注意点は最初のSと最後のSを全く同じ文章にしないことです。

内容は一緒なんですが、コピペではなく、言葉を変えて繰り返すのがコツです。

なぜなら、そのほうが読者の理解が深まるし、印象に残りやすいからです。

難しく考えずに、単語を変えるだけでもいいんじゃないでしょうか。

理由 ⇒ 要因 とか。

類義語を探すときはWeblio類語辞典が便利ですよね。

以上、文章を書きやすくするための構成法のひとつ、SDS法の説明と例文、SDS法を使うのときの注意点についてお伝えしました。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また!